令和3年度 プラスチックごみ対策事業のご紹介

令和3年度より、熊本市はNGOやプロスポーツチーム、飲食物販売業者と協力し、スポーツイベントやNGOが主催するイベント会場において、飲食物を購入する際に市が指定するバイオプラスチック製リユースカップを持参した方に1回の購入につき50円の割引を行う事業をスタートいたします。

使い捨てプラスチックを1個減らすと、プラスチックごみ10.5g削減に繋がり、CO2排出を70.0gも削減可能です。バイオプラスチック製リユースカップを利用することで、団体と市民が連携してSDGsや環境問題に取り組む環境を整えます。


事業概要

NGO、プロスポーツチームが連携し、バイオプラスチック製リユースカップを制作。リユースカップの制作後、市が指定(認定)し、スポーツイベントにて販売。来場された方は、会場で販売されるバイオプラスチック製リユースカップを購入。会場内の飲食物販売業者から商品を購入する際、購入したリユースカップを持参することで、1回につき50円の割引となります。

※リユースカップの画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。
※SC相模原(ガミティ)の森のタンブラーも割引の対象となります。


バイオプラスチックとは

バイオプラスチックとは、石油からではなく、植物などの生物由来原料から作られたプラスチックのことです。化石燃料を使うプラスチックに比べて植物由来のプラスチックのほうが、炭素の循環にかかる時間が短いため、大気中の二酸化炭素濃度への影響、ひいては地球温暖化に対する影響が少ないと言われています。


リユースカップ利用の流れ

  1. イベント会場でリユースカップを購入
  2. 会場内の飲食物販売店にて、購入時にリユースカップをご持参ください
  3. 購入時の金額から50円割引!